基礎にこだわる

コンクリートは本来、長寿命

ローマのコロッセオは石造りではなく、コンクリート造りです。現代のコンクリートとは原料が違うため古代コンクリートと呼ばれていますが、化学反応で硬くなる点では同じです。2000年以上の歳月をを経ってもなお健在です。もっと古いものではイスラエルのイフタフ遺跡(約9000年前)、中国の大地湾遺跡(約5000年前)があります。日本でも明治時代のコンクリートが強度を維持しているとの報告があります。職人たちの確かな施工技術が長寿命コンクリートを実現したと言えます。

  

コンクリート圧送車を所有し、コンクリートの品質を見極め、強度や耐久性だけでなく美しい仕上がりで、年間120件の基礎工事の実績があります。鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造、いずれの場合も基礎は鉄筋コンクリートです。擁壁などの土木工事にも鉄筋コンクリートがよく使われます。鉄筋コンクリートが高品質だからこそ、安心して住める住宅の基礎やまちのインフラをつくることができます。私たちは、鉄筋コンクリートの品質にこだわりたいと考えてます。
 

建物の品質を支える基礎

スピードと品質で選ばれています

基礎が設計通りの強度を発揮するためには、設計通りに施工されていることが前提です。当社では、設計通りに施工に加え、1mm単位の高い精度と仕上がりの美しさを追求しています。その仕事が認められ、受注は口コミで広がっています。「波打っていない」「仕上がりがきれい」など高い評価と信頼を頂いています。

  

徹底した合理化や工夫により施工性と確実性を高めた結果、工期が短縮されました。施工手順や段取りの改善だけでなく、型を特注して改良するなど、施工性を高めてきました。特許を取得したスリーブロックそのその一つです。工期を短くすることでコストダウンが図られ、施主様のメリットにもなります。

基礎工事(年間約120件)

土木工事(年間約30件)

エクステリア工事(年間約60件)