広いタイルデッキのある家(北区神宮寺町)

水平ラインを強調した軒先とリビングの掃出し窓から自然の光を家中に取り入れ、屋内のフロアタイルとデッキタイルで中と外のつながりを感じられる開放感のある居住空間となっています。

場所 浜松市北区神宮寺町
用途 木造1階建て
工法/見どころ モノトーンを基調としたシックな佇まい。大きな開放感のある窓と広いタイルデッキで部屋の中と外がまるでつながっているかのように感じるオーガニックハウスの特徴を生かしたお家です。

見る角度によってはフラットな屋根に見える勾配の緩い屋根。アクセントのグレーのタイルと調和しています。

駐車場から玄関へのアプローチ。擁壁と外壁は同じ白で統一させ清潔感のある外観になっています。

リビングからつながるセカンドリビングのようなタイルデッキ。

外からの自然光がいっぱい入る明るいリビング。

リビングからは直接寝室や子供部屋へ行ける動線となっています。

アイランドキッチンの背面にも収納スペースがあり、見た目以上に収納ができます。

リビングの建具はガラス張りにしたことで、家族が帰宅したときにすぐに出迎えられます。

キッチンとつながるダイニングテーブルは家族の憩いの場所になります。

施工実績一覧に戻る