【施工事例】作り手が紹介する「タナカのつくる家」浜北区根堅の家②

こんにちは 浜松・引佐の家づくり工務店、田中建設です!

 

注文住宅の田中建設の家づくりでは、お客様との出会いから家づくりの期間を一緒に過ごしてお引き渡しまで迎えると、ここからまた新たなお付き合いが始まります。そんな節目の機会に、私たち作り手がお客様との家づくりを振り返りながら、新築のお家をご紹介したいと思います。

 

今回もご紹介するのは2021年10月完成の浜北区根堅の家。インタビューしたのは接客から施工までを担当した田中建設の赤石です。

施工事例 1回目はこちら>>https://tanaken-slk.com/blogs/211115/

①施工担当としてお客様とのやりとりで印象に残ったこと

キッチン周りでの仕様決めについてです。T様のご要望は、オールステンレスで仕上げたいとのことで品物を探し取り扱いのあるメーカーを見つけることができました。内容を確認していただいたところ、レンジフードだけがイメージにあわず「しっくりこない」とのこと。初めは代替え品をT様がご自分で手配するということでしたが、私で他メーカーのものを探して提案し気にいっていただけました。

 

 

T様との記念撮影。

②全体の予算を管理する立場で気をつけたことは?

お客様にとって注文住宅の夢が膨らむいいところと、いくらかかるか把握しづらいという悪いところが反映されるお金の面では、設計パートナーの松下さんが当社の家づくりのポリシーを理解して素材を選んだり、予算を踏まえた建物の大きさをかんがえてくれたりしてくれた点は非常にありがたく思います。

 

一方、お客様についてはT様のキッチン部分のお話しでもあるのですが、予算の関係でご希望のステンレスを諦めようとしていた時もあったんです。私としてはこだわりを感じていたので、なんとか実現してあげたいと想いから妥協せずに、これで行ってください」と後押しし、家づくりの目的を見失わないような関わりをしたことです。

 

浜北区根堅の家は、田中建設のOB様のお家見学でご案内する「エスコートホーム」でご訪問いただけます。

見学希望の方は、お気軽にお問い合わせください!

エスコートホームのご紹介はこちら>>https://tanaken-slk.com/escorthome/